素敵なパースは光と影の表現がポイント ♡

インテリア

こんにちは
インテリアデザイナーの小林由梨奈です。

最近また、パースの表現のグレードアップをしたくて、練習をしています^^

昨年、こちらのプランのプレゼンで↓で手描きパースをお見せした瞬間

Platinum Life 〜バラ園の白金の城〜 水回りリノベーションプラン♪

お客様の表情がぱぁっと明るくなって

「まさに、これです!素敵^^」と感動していただき

すべて小林さんにお任せしたいです!
という、嬉しいお言葉をいただきました。

今夏の工事をご希望されていて少し時間があいたのですが、来月いよいよ現調にうかがいます。
またレポートさせていただきますね♪

そのあとしばらく不動産会社へのプレゼンが増え、
パースはCGパースのプロの方にお願いしていたのですが

この水回りリノベーションが動き出し
あらためて、手描きパースの威力というか、魅力を思い出し

久しぶりに手描きパースを描いてみたのでご紹介します☆

 

重厚感×強い光のコントラストは色の”重ね”と”抜き”のバランスで表現

こちらはブルックリンスタイルのお部屋


ラスティックなフローリングと煉瓦×コンクリートの壁の質感
全体的に重厚で無骨、インダストリアルな雰囲気に仕上げるため、とてもたくさんの色を重ねました。

使ったペンの数

COPIC 11本(T,W,Eの濃淡)
色鉛筆 5本(茶、灰の濃淡)
COPIC MULTI LINER 3本(0.1 / 0.3 / 0.5)

色を重ねる回数や組み合わせ、反対に白抜きするときのポイントは
本当に素直に、自分の目に見えたまま表現すること。
それに尽きると思うのですが、見るときに

解像度を上げて色を分析し
解像度を下げて表現する

ようなイメージで描くといいのかなと思いました。

つまり、使っている色は細かく分析して抜いてくるけれど
見えているより極端にコントラストをつけ
重そうなところや暗い部分は大胆に塗り重ねたり、
光が当たって明るいところは思い切って白抜きにしたり、するとこなれた感じになる気がします^^

あとフローリングやコンクリートなど硬そうなものは、エッジの効いた粗野な感じの直線で

ファブリックなど柔らかいものはくるくる円を描くように、まわりの色と馴染ませて境界線をなくしていくように描くと、素材感を出すことができました^^

 

 

明るい広々とした空間のパースは思いっきりラフに

こちらは吹き抜けの解放感ある明るいミニマルモダンなリビング✨

塗り残しを多くすることで、明るさと高さ、広さを表現
塗りもだいぶラフに、ほとんどの部分を単色の一回塗りで済ませました^^

グリーンも、子供の塗り絵のような感性とあたたかさで♡

がんばってない感じが、全体に抜け感を醸して
お部屋のリラックスムード、リゾート感につながった感じがしています^^

使ったペンの数

COPIC 13本(T,W,Eの濃淡 + 🍡と空の色)
色鉛筆 6本(茶、黒、緑、黄)
COPIC MULTI LINER 3本(0.1 / 0.3 / 0.5)

こちらの方が色数は多いけど、ブルックリンスタイルの方がずっとたくさん塗り重ねたので、5倍くらい時間かかりました😏

 

 

個人のお客様へのインテリアプランのプレゼンのときには、いつも手描きパースを描いてお渡ししています。

ぐんとイメージが湧きますよね🖼✨

今インテリアグリーン(観葉植物)プランのパース描いてるけど、
これまた重厚感のあるタイプのお部屋なので、植物より周りのインテリア空間描くのによっぽど力が入る🤣💓✨

こちらは納品が完了したら、プランと一緒にご紹介させていただきます^^

 

あと、インテリアデザイナーとしての新しい名刺とサイトも制作中♡
こちらもまたご報告させていただきますね^^

お楽しみに♡

 

2つのランキングに参加しています。
クリックで応援いただけたら嬉しいです☆

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ


コンサルティングメニュー
サロンスケジュール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。