ドラマ『カルテット』の恋、主題歌『おとなの掟』の色気

ブログ

皆さま、こんにちは。
イメージコンサルタントの小林由梨奈です。

TBS火曜ドラマ『カルテット』。
好きすぎて寝ても覚めても観ています(笑。

キャスティング、キャラクター、舞台、設定、セリフ、間、空気感、そして主題歌。全部好き。

・高橋一生さんが出ること
・高橋一生さんが弦楽器を弾くこと
・30代の男女4人が軽井沢の別荘で共同生活をすること
・キャッチコピー「大人の恋は、やっかいだ」

という部分に惹き付けられ、初回を観てはまりました。

 

『カルテット』の魅力的な世界観

まず、「高橋一生さんが弦楽器を弾く」ってもう、天沢聖司くんですね。


高橋さんは公式サイトより

天沢聖司は、ジブリ映画「耳をすませば」の主人公で、バイオリン職人を目指す15歳の少年です。私いまだに季節に1回くらい必ず観る、大好きな映画なんです。

大人になった聖司くんを見ているようで、キャスティングしてくれた方に感謝の気持ちがあふれます。

 

そして、「30代の男女4人が軽井沢の別荘で共同生活」という衝撃。


公式サイトより

男女が共同生活。
軽井沢の別荘で。。。

共同生活って、20代の若者たちが、海の近くのシェアハウスとかでわちゃわちゃ、全力で恋愛して、喧嘩して、空騒ぎして、、、そんな若気の至り的なイメージのものだったので、あまり好きではありませんでした。騒がしいの苦手なのです。。

だけど『カルテット』の設定は4人とも30代で、うち3人は定職がなくて、そして1人は既婚者(夫は失踪中)で。それぞれに”大人としての”過去があって、みんな音楽が好きで、だけど音楽では生きていけないことを分かっていて。そんな4人が不思議ななにかに引き寄せられ、カルテットを組むことになり、軽井沢の別荘で共同生活を始める。。。

そんなことあっていいんですね★

30数年生きてたら、新しく出会った人に知られたくないこととか、言わなくていいこととか、聞かなくていいこととか、自分もあるし、他人もあるだろうなと思うんです。

ましてや一緒に住むってなったら、本当の気持ちでぶつかって理解してもらえないと怖いし、だから嘘つくし、秘密ばかりになるし。そんな空気の中で共同生活してるんですから、そりゃみんな火照ってますよ(笑

優しい嘘と、卑怯な嘘。
優しさと弱さって紙一重ですね。

そりゃぁ「大人の恋は、やっかい」です。

そんな4人が組むカルテット“Doughnuts Hole”


公式サイトより

ドーナツの穴みたいに、みんな欠けてて、みんないい。
欠けてるところこそ愛おしくて、大好きです。

 

”家族”より安心できる場所

   
公式サイトより

『カルテット』を見ていると、毎回「なんでこのシーンで?!」と自分でも思うタイミングで泣きます(笑

他人だからこそかけられる愛情や優しさってあると思うのです。責任もしがらみもなくて、だけど、苦しだり悲しんだりしていたら自然と支えてあげたくなる気持ち。

一緒に暮らしていく中で、4人の中で家族とは違う絆が生まれている。そういう愛を感じる場面で、泣いてしまうのだと思います。

家族だったら、いろんな責任とか利害とかあるし、傷つけないようにしようと考えたり、絶対的な存在だからこそ守らないといけないものがある。

そういうのがなくて、だけど愛だけある関係。

そんなの愛じゃないって、思う人もいるでしょうけどね。

居場所をあたえてくれる人は、安心できるし、特別な存在になっていく。だけど”家族”のような絶対的な存在じゃないから、いついなくなってしまってもおかしくない。

いなくなったらまた次のところに居場所を探して、転々として生きていくのかもしれない。

4人の共同生活は、そんな生き方もあっていいんだって、なんか観ていてほっこり安心するんです。

 

主題歌『おとなの掟』♪

そして主題歌が素敵です。
椎名林檎さんの曲なのですが、“Doughnuts Hole”の4人が色っぽく歌ってくれてます。

 

こんな風に往年の銀幕スターのような装いで
 

男性陣は監督とカメラマン役(でもばっちりハモリで歌ってます♪)
  
公式YouTubeより

 

“色っぽい”って、おもしろい言葉ですね。

”色気”がある。
”色”が入っている。

林檎さんの歌詞の中には、直接的には「黒」「白」「グレー」しか入っていないのですが、歌詞の中の言葉をイメージさせる色というのがあるので、その色に塗ってみました。

 

真っ黒な中に一つ消えては浮かぶ吐息よ
冷たい闇夜は僕の願い飲み込み匿います

すきとかきらいとか欲しいとか
気持ち好いだけの台詞でしょう
つけるには相応しい滅びの呪文だけれど

手放してみたい 此の両手塞いだ知識 どんなに軽いと感じるだろうか
言葉の鎧も呪いも一切合切脱いで剥いで もう一度僕らが出会えたら

そう人生は長い、世界は広い
自由を手にした僕らはグレー

幸福になって不幸になって終わったが
胸のうちだけが騒ぐ おとなは秘密を守る

おとなの掟
詩・曲/椎名林檎

 

真ん中に知識(笑。
ときどき手放したくなるけど、でもないと社会で生きていけませんものね。

たしかにキャッチコピーも黄色い。

 

大人の恋の真ん中には、知識がでんとかまえてるのかな。
白黒つけたくなるけれど、グレーでいた方が自由。

 

各話の最後に自然な流れでつながる4人のこの映像、『カルテット』の空気感にマッチしていてとても心地いいです♪

 

ロケ地も嬉しい。軽井沢好きなんです。

2話の一房の葡萄

3話の浅野屋

どちらも好きなお店です。一房の葡萄は明治時代の文豪の小説がたくさん置いてあって、読んでたらあっという間に時間が過ぎます。

そして4人の演奏しているレストラン「ノクターン」。


煙事 軽井沢より

ロケで使われているお店は煙事 軽井沢という燻製お料理のお店。趣のある建物でなんとも素敵ですね。銀座店もあるみたいなので、来週さっそく行ってみます♪

ドラマが中盤をこえるあたりで、4人のファッションチェックをしようと思います☆

 

 

2つのランキングに参加しています。
クリックで応援いただけたら嬉しいです☆
よろしくお願いいたします!

ブログ村ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ イメージコンサルタントへ

楽天ランキング

①4シーズンより詳細な”似合う色”が分かる16タイプパーソナルカラー診断
②魅力を引き出すシルエットや素材を見つける骨格分析パーソナルスタイリング
③似合うカラーとスタイル、身のこなしまでをトータルでご提案するイメージコンサルティング

一度受けると、これからのファッショングッズ選びに役だって、お買い物もムダなく、楽しくなりますよ♪

お問い合わせ&コンサルティングのご予約随時受付中です。こちらからご連絡ください。

コンサルティングメニュー詳細はこちら
南青山サロンの空き状況はこちら

コンサルティング後の1ヶ月間、カラーやスタイルに関するお悩み・ご相談を受け付けております。気になることがあったらお気軽にご連絡くださいね♪

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。