トイレのプチリフォーム完成しました!

インテリア

こんにちは!
インテリアコーディネーター・イメージコンサルタントの小林由梨奈です。

こちらでご紹介していたトイレのプチフォームが、完成しました!

施工はこんな感じで進みました^^!

そして壁紙完成✨

最後にチークの飾り棚を取り付けていただき

できあがり💕

太陽光の当たらない狭い空間のため、
想像していたよりブルーグリーンがはっきりと発色して、大満足の仕上がりです^^💕

継ぎ目も全然わからなくって、めちゃくちゃ上手に張っていただきました^^
すごい!

はじめての輸入壁紙で、コスト感とか、仕上がりの素晴らしさとか、
実際にやってみてわかったことがたくさんありました^^

 

色・質感・デザイン豊富な輸入壁紙

まず、輸入壁紙のすごいのは色と質感、デザインの豊富さ★
眺めているだけで癒されたり感動したりする、クオリティの高いものばかりで
小さな面積でも、効果的に取り入れることでぐんとお部屋のイメージ&グレード感がアップします^^!

今回使わせていただいたCASELIOの壁紙は、TECIDO様でお取り扱いのもの

インスタでも事例をたくさんご紹介されています。

素敵ですよね♡

 

サスティナブルな素材

日本では白いビニールクロスが一番多く使われていて
これはとても味気ないし、さらにビニールだから廃棄負荷も高く、全然サスティナブルじゃないんです><

おうち時間を大切にする空気に乗って
もっと日本でも広く、デザイン性の高い(うえに環境にも優しい)壁紙がつくられたり
使われたりするようになればいいなと思っています^^

 

国産クロスとは購入の単位が違う

それからこれは、やってみて分かったのですが、
国産とは購入単位(ロット?みたいな)が違うので、見積もりの仕方もまるで違います。

国産のものだと平米単価で購入するので、あんまり余りが出ないようにできるのですが
輸入壁紙は1本(ロール)で買うので、当たり前に余りが出てきます。

しかも幅が狭い(この場合53cm)ので、たくさんの張り合わせが必要で
職人さんの腕がとっても大事になってきます。

さらに、3本からしか買えなかったり、いろんな発見がありました。

結局、アクセントウォール(絵画を飾った壁)だけ輸入壁紙にして
他は国産の同系色(薄ら色づいているようなもの)のもので、コントラストつけたりとか、
いろんな張りわけを考えたのですが

上に書いたような見積もりの結果、全面張ってもほとんど価格も変わらなかったし
それなら気分が上がる方にしようと、全面張っていただきました^^

手元に残った壁紙は、写真の背面に貼ってプチアートにしたり、
大きな折り紙を折ったりして、飾ろうと思います^^

 

賃貸でドキドキの張り替えでしたが、仕上がりが本当に素晴らしくて♡
サロンにお越しのお客様にも、大好評いただいています^^

西海岸風のインテリアとかにも応用効きそうだし
海の近くに住みたい人には好まれそうなシンプルなデザインだから
このままオーナーさんにも気に入ってもらって、ぜひ次に住む方にも使っていただきたいな♪

お部屋のちょっとした空間、狭い面積でも、夢のある壁紙に張り替えることで
暮らしが華やぎ、ハリが出ますよ^^

ご興味のある方は、ぜひお気軽にご連絡くださいませ✨

2つのランキングに参加しています。
クリックで応援いただけたら嬉しいです☆

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ

ホロスコープセッション・インテリアコーディネーション・イメジコンサルティング
のご予約・ご相談も、お問い合わせからご連絡くださいませ^^

ホロスコープセッション
コンサルティングメニュー
サロンスケジュール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。