[Cool Winter] 理系院卒マジシャン男性の「知的で話しかけやすい」イメージをつくるには?

16タイプ・パーソナルカラー診断

皆さま、こんにちは。
イメージコンサルタントの小林由梨奈です。

今日は、2017年最初のお客様をお迎えしました。
理系院卒で金属加工のお仕事をされている20代の男性。
趣味は手品☆

とってもイメージしやすい理系の男性らしく、
コミュニケーションがあまり上手でないのがお悩み。
大学時代にサークルで始めた手品が会社の上司や同僚たちとの
会話のきっかけに生きているようです。

なりたいイメージをカウンセリング

今回はカラーのみのコンサルで、

  • 手品をするとき
  • 休日1人でいるときのカジュアルな服装
  • 人と会うときのきちんとした服装

それぞれどんな色を取り入れたらいいか知りたいとのご希望。

普段はネクタイ or スウェットという
とっても振り切った両極端の着こなしをされていて
その間のファッションが分からないというご相談でした。

お客様の「なりたい自分像」にそったコンサルティングをするため
まずは会話の中からお悩みやコンプレックス、憧れのイメージを明確にしていきます。

このお客様は

  • 信頼感
  • 知的
  • 話しかけやすい雰囲気
  • 同世代の女性にモテたい

というのがキーワードでした。
最後にでてきたのですが、「モテたい」。これは男性のお客様、実は一番のぞんでいることだったりしますね。ここのアドバイスはやっぱり、私の腕の見せどころだったりします。正直で嘘つけないので、女性の感覚ではっきりと「モテる!」色合わせをお伝えします。

16タイプカラーメソッドで似合う色を診断!

そして診断開始!
お顔の下にドレープをあてて、顔写りの変化をみていきます。

このお客様の特徴は、、、

青みの冷たい色ですっきり、清潔感ある若々しい印象
黄みが入るとお肌の色が黄ばんで汚くみえます

明るさは中くらいがベスト
明るすぎると全体にぼやけ
暗すぎると老けて陰気に見えてしまいます

済んだ色できりっと凛々しい、知的で信頼感ある印象
くすんだニュアンスカラーだと全体にぼやけます

ということで、ベストカラータイプはCool Winter!
16タイプの中で最も青みの冷たい色のグループですね。

芸能人でいうと、松潤♪

ちょっとこの肩のリュック紐の茶色が似合ってないのですが、
この茶色がこれだけ彼の美しさを損なってることからわかるように
彼はザ・winter!の人です。

だからこんな↓茶髪でオレンジの服とか着たら
せっかくの美貌がもったいない感じになりますね。


いずれにせよ綺麗だけど笑

 

女性を意識するなら断然ピンクのトップスを

お客様のご希望にそったコーディネートをお伝えします。

●手品をするとき

会社の人の前で披露することが多く、信頼感・知的な印象を大事にしたいとのことなので、信頼感のネイビー×知性の水色シャツで、同系色でほどよくコントラストつけて知的スタイリッシュに。
パープルとシルバーのストライプネクタイも、Cool Winterの方にはぴったりですね☆
ネクタイピンやカフスもつけたい!とのことでしたが、振り切った青みのWinterなのでアクセサリー類は断然、シルバーです!マジシャンですから、手元胸元、見せたかったり見せたくなかったり、の駆け引き楽しむらしいです。シルバーでおしゃれして存分に楽しんでくださいね♪

 

●休日1人でいるときのカジュアルな服装

休日もぜひ、ぜひ、ピンク×紫×ネイビーのような色を着ていただきたいです。
Cool Winterの方のためにあるようなお色合わせなので、本当によく似合います。

紫やピンクなんで取り入れたことないとのお客様でしたのでまずは首元からでも。

こんな感じで。素敵ですね♪

●人と会うときのきちんとした服装(デートのときも♪)

デートのとき。異性に好感持ってもらったり、ときめかせるのはピンクが一番!
愛され色、親近感のお色です♪

ベージュは本来Winterさんの色ではないですが、こんな風にボトムでならばっちり使えますよ。シャツの色とトーンを合わせているのがポイント!

Cool Winterの方はピンクがとってもお似合い☆コーラルピンクやサーモンピンクみたいな黄みを感じる色以外なら何でも着こなせるので、いろんな色にチャレンジしてどんどんモテちゃってください!

来週も男性コンサルが入っています。
次はスタイルもふくめたフルコンサル☆
お客様の目指すイメージをつくれるように、がんばります!

 

2つのブログランキングに参加しています。
クリックして応援いただけたら嬉しいです☆
よろしくお願いいたします!

ブログ村ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ イメージコンサルタントへ

楽天ランキング

人気ブログランキングへ

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。